自分の役割 自然思想哲学「算命学」 

 昨日は自然思想哲学「算命学」の勉強会のため新潟へ行ってきました。
自分にはどんな役割・役目があるのか?これを知ることが算命学の目的です。
勉強を始めた当初は、どうしても占い的な側面が強く思えてしまっておりましたが、
勉強が進み理解が深まれば深まるほど、「自分にはどういう役割や役目があるのか?」ということに重点を置けて考えられるようになりました。

 女子プロゴルファーの宮里藍選手も引退表明会見で「自分と向き合うのがほぼ趣味に近かった」と言っておりましたが、「自分を知る。自分にはどんな役割や役目があるのか」それを理解するためのツールとして「算命学」はとても優れていますし、また、自分をサポートしてくれるツールにもなります。

 少しずつですが、ご縁ある中小企業経営者の方にも「どんな役割や役目があるのか」ということを伝えさせていただいており、
そのような形で貢献やサポートを広げられればと思っております。

 ちなみに昨日の勉強会ではピコ太郎さんについても勉強しました。「新しいものをつくりだす」こういう役割をお持ちのようです。まさに、今までにない新しいスタイルをつくりだされていますね!

Copyright(c) GROWTH All Rights Reserved.