大きな山・安定した山々

 

「大きな山・安定した山々」中小企業において、そういったイメージの経営が出来れば最高ですね。
ただし、実際には、売上を安定させる、大きくしていく、社員に対して満足度の高い環境を作っていく、好条件やいい関係を築ける取引先を増やしていくことは、至難の業であり、短期間に容易にできるものではありません。

様々な問題解決をしていきながら進んでいき、少しづつでもいいから安定した経営に近づけていく。多くの中小企業経営者が目指すところではないでしょうか。

私が勉強する算命学では、2018年のイメージは「大きな山。安定した山々。」

ご縁をいただき、がっつりと組んでいける会社には、ぜひ、このゾーンに一歩でも近づいてもらいたいと考えています。そのためにも戦略法人保険営業塾、一般社団法人BCP協会が推奨する「会社にお金が残る経営への変革」をサポートさせていただき、そして、自社に合った取り組み、行動、人材、タイミング、パートナー、取引先、戦略を算命学を活用してアドバイスして、「高値安定経営」を構築していただきたいと思っています。

本日もそういった話を顧問先の社長に提案し、より突っ込んだ話を展開させていただきました。
2018年、目指すは「大きな山・安定した山々」です!

Copyright(c) GROWTH All Rights Reserved.