社長の決断を促す ~現実的側面と運勢的側面から~

先月は2社の社長に銀行の方とお会いしていただきました。一つの銀行さんは社長からの事前説明を勘違いされていたようで、最初、バチバチモードでしたが!!! 実際には、両社にはそれぞれお会いしていただいた銀行さんから「適した金融情報」を提供してもらい、いいご提案へと結びついていきそうです。

現実的事業活動と運勢的事業展開の二面からの考慮、そしてアドバイス。ここに、今後も特化していきます。

今、適した金融情報を得られていない会社さんには、なんとかしてその情報や提案を取り組み入れていただくために、
改善や決断をしていただくことが重要です。今まで「知らない経営」を行われていたこと。間違った解釈で経営を続けられてしまったことの「負の遺産」をなんとかしなければならないために、取組んでいただかなくてはなりません。
その意味では、お付き合いされる税理士さんがどういうスタンスなのか。ここは本当に重要なんだなと実感しています。

ただ、その決断を促す提案をするにもそれ相応の勇気も必要です。現実的な資金繰り改善、財務強化に向かっていただくためには、社長に対して、「言わなくてはなりません」。しかし、私が従事する師匠やそこで学ぶ仲間の方達は、そのことを伝えて多くの中小企業の継続に貢献されています。

今回のある会社さんには、算命学鑑定による運勢的な事業展開の面からも考慮して、「今は厳しい選択になるかもしれませんが、運勢的な勢いが上がる2年後のためにも、今年、来年のうちに状況を正して、銀行に対して姿勢を見せていくための取組が必要です。そのためには。。。」と思い切った提案を社長に向けてすることが出来ました。実際には、社長もその提案を受け入れてくれましたし、何となく感じたのですが「ホッとされた感じ」に思えました。

算命学を学ばれている方ならわかると思いますが、「数理法で点数が低い時こそ、自分に合うように正すこと」。これが大事だと強く実感しています。

踏み切っていただいたからには、ぜひ、2年後以降、今以上の資産を手にしていただけるよう、私もさらに応援態勢を強め、そしてご提携いただいているみなさんにも色々なサポートや知恵を提供いただいてご協力いただき、それらをとりまとめながら色々な角度からフォローさせていただきます。

そのためにも、中小企業の「現実的事業活動」に必要かつ有益となる資金繰り改善、財務強化のための学びと、「運勢的事業展開」に役立てていただくための算命学の学びを深めます。

Copyright(c) GROWTH All Rights Reserved.