陰陽二面でコンサル&アドバイス

中小企業経営の継続と成長に陰(算命学事業展開アドバイス)と陽(現金損益安定黒字経営コンサル)の二面でサポートさせてもらっている若き経営者の羽毛田さん。算命学で伝えた「土台の修正」もしっかり実施していただきましたし、最近は特に使う言葉が違ってきて、4月に紹介した同じ塾で学ぶ愛媛の女性コンサルの溝部さんからも「ここまで理解出来てるってすごいね~!」とお褒めのお言葉をいただくほど。

5年後になりたい会社の姿を理念、経営ビジョン(5年後の貸借対照表)、5年後のBSを作るために出すべき利益を決めて逆算して計画を1年ごとに記入できる1枚のシートで完結できる経営計画書作りにも熱が入っておりますので、何度も修正や書き直しをして自分が納得のいくものを作り上げていこうとされています。

そうなってくると、”いい意味で調子に乗り勢いがついてきております”。ですから本業のパーソナルトレーニングという仕事の質も変わってきて、ボクへのトレーニングも追い込みが一段と増してきました!!!毎回のトレーニングの最終項目は腹筋ですが、最後の方になると自力ではすでに脚も上体も上げられないのですが、そこから彼のフォローが始まり「そのフォローいらないから!!!」と言ってしまいたくなるほど、最後までやらせますので、最終セットが終わった直後は腹筋が痛いのと辛いの何とも言えない状態に耐えられず、ほぼ、うずくまっております。。。(泣)

こういう真面目な経営者と接していると、こちらもそのスキルをさらに上げていかなければと熱が入ってきますね。
ということで、昨日は地方創生経営支店グループ×大石会計事務所×山梨中央銀行で開催している社長・後継者塾で勉強。今日は石岡さんが講師を務める実践研究会で3社の事例を色々な角度から研究。石岡さんの解説はとてもわからやすく勉強になるし、グループセッションなので、同じグループ内の人の意見も聴けて気づきがたくさんあります。

そしてそのあとは、SHE(戦略法人保険営業塾)で五島さん、そして資産税に特化している税理士の出川さんのコラボでの講義で実際に行われた事業承継事案を勉強。さすが出川さんで、単なる株価の引き下げや税を抑えるということだけでなく、クライアントに夢や希望を与えさせるようなその会社に合ったオリジナルプランを提案されていました。

その後も「中小企業を強くすることに貢献する」全国のスペシャリストの方と意見交換。特にびっくりしたのは、羽毛田さんと愛知の元国税調査官・実査官で税理士の中村さんがつながっていたこと!今日のSHEの資料にあった「人の支援は理念の共有で」とは、まさにこのことですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です