東京タワーも還暦

今日は三田で30年以上継続させていらっしゃる中小企業経営者の方に、算命学を活用した事業展開のアドバイスと算命学的な考え方のレクチャーを4時間。

「中小企業には本当に色々なことが起こる」という観点でお話を聴かせていただき、その上で、算命学ではどう捉えているか、2019年や令和の時代の捉え方も説明させていただきました。

「選択したことは、自分の理念的にも、そして算命学的にも合っていると思える。」とおっしゃっていただきました。

終了後、外に出ると東京タワーがいい感じ。東京タワーは1958年に竣行され昨年2018年に60年目を迎え還暦。

2019年は新たな1年目ということになります。中小企業も10年、30年、60年、100年と継続していくことが最大の目的。「経営もいい。そして、運勢もいい。」をモットーに陰陽二面でサポートさせていただこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です